現在の就活とITの繋がりについて

学生時代に、就職活動というものを皆さんも一度は経験したことがあると思います。

「自分は何の仕事をしたいのか。」また「自分に向いている仕事とは一体何なのか。」ということを一生懸命考える良い機会です。学校の求人を見てみたり、それだけでは不安になってフリーペーパーのようなものを見たり、色々な集まりに参加して同級生や先輩など仲間の意見を参考にしたりしながら実際に応募する企業を決めていくと思います。

最近の求人には、時代の流れもあるのか「IT系」「医療・介護系」のものが多いような気がします。IT系では、開発のためのJavaエンジニアやPHPエンジニアなどをよく目にしますし、医療系では主な募集職種は施設のスタッフや病院のスタッフなどが多いです。近頃はITの普及が進み、求人一つにしても、昔のように情報誌で調べて電話をかけて面接の日程を決めるという流れを踏んでいる人は少なくなっているように思います。今は情報誌のインターネット版で求人を見つけ、インターネットから求人に応募をするという形が主流になっているようです。それは企業が自社のホームページを持っていたり、ウェブでのやり取りをする担当者がいるからなせることですよね。

さまざまな職種のブログを見てみたところ、技術者や専門職に携わる人は特に、自分の勤務時間が終了すると即座に帰れるものだと思っていたのですが、実際はパソコンに向かい今日自分が出社した時間と退社した時間や引継内容などを入力しているということが分かりました。今の時代、求人を探すことも仕事の記録もIT化されているんだなとしみじみと感じました。

私もつい最近までは就職活動中でした。今は晴れて地元大阪でエンジニアとしての採用をいただくことができ、日々勉強に励んでいます。インターネットで求人を探していたところ、開発プログラマーという枠が急募とあったので飛びつきました(何と未経験でもOKだったのです)インターネットで情報を求人を検索したおかげです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です